不動産投資の勉強方法

▼目次▼

  1. 不動産投資初心者が知っておくべき知識と必要な勉強
  2. 不動産投資の勉強についてのいろんな人の口コミ
  3. 【まとめ】本よりも不動産会社に相談したほうが効率的かつ実践的

初心者とは言え、大きな資金を動かして不動産投資を行う以上は、ある程度の知識を身に付けておく必要があります。ここでは、不動産投資の初心者における勉強方法について詳しく解説します。

不動産投資初心者が知っておくべき知識と必要な勉強

不動産投資の勉強をするにあたり、学術書などを引っ張ってくる必要はありません。不動産投資の事前の勉強は、専門的な知識を身に付けるのが目的ではなく、大きな概略をイメージするのが目的です。肩の力を抜いて勉強をしていきましょう。以下、初心者の勉強法をいくつかご紹介します。

他人が書いたブログを読む

手っ取り早く、かつ手軽に始められる勉強法が、他人が書いた不動産投資のブログを読むことです。勉強・知識系のブログではなく、体験系のブログを検索してみましょう。

実際に不動産投資を行った人たちの体験談は、初心者にとって非常に参考になる情報が満載です。不動産会社との関わり方や距離の置き方など、実践的で具体的な内容を紹介しているブログもあります。成功談だけではなく失敗談もたくさん見つかるので、ぜひ多くのブログに目を通してみてください。

ただしブログを読む際には、1つだけ大事な注意点があります。その記事がアップされた「日付」を確認することです。

不動産投資を取り巻く環境は、刻一刻と変化しています。5年前の情報は、現在では役に立たないかも知れません。情報の鮮度は、不動産投資にとって大事なポイントであることを理解しておきましょう。

市販されている本を読む

市販されている本を読んで勉強することも、決して悪いことではありません。ただしブログと同じように、その情報がいつのものなのかを、きちんと確認する必要があります。重版を繰り返しているロングセラーの本の場合、情報が古くなっている恐れがあるので要注意。売れ行きではなく、情報の鮮度を基準に本を選びましょう。

もちろん、不動産投資における不変の基礎知識(物件種別の説明など)については、本を通じて学んでも問題ありません。ただし、それら不変の基礎知識の中にも、税制などのように、かならずしも不変とは限らない情報が紛れていることがあるので注意してください。

不動産会社が主催するセミナーに行く

不動産投資の勉強方法の中でもっともお勧めの方法が、不動産会社が主催するセミナーに参加することです。集団セミナーではなく、個別相談への参加でも構いません。

不動産会社が行っているセミナーには、実に豊富なテーマが用意されています。税制などの基本知識を提供するセミナーもあれば、安定的な利回りを狙った実践的な情報を提供するセミナーなど、その内容はさまざま。同じテーマでも、初心者向けのセミナーもあれば、セミプロ向けのセミナーもあります。中には、実際に不動産投資を行っている投資家を招き、体験談を話してもらうセミナーもあるようです。

セミナーを通じ、同じく不動産投資に関心のある仲間と知り合えるかも知れません。セミナーへの参加は、初心者の方には非常のお勧めの勉強方法の一つです。

大家や投資家のコミュニティに参加してみる

すでに不動産投資を実践している投資家たちのコミュニティが、ネット上を中心にたくさんあるようです。一匹狼で投資活動を進めることも否定はしませんが、できることならば、多くの投資家と情報交換をしながら投資活動をしていったほうが良いかも知れません。すでに投資を実践している方々の声の中には、初心者にとって珠玉の情報が隠されていることもあります。

なお大家コミュニティや投資家コミュニティは主にネット上にありますが、それらの中には、きちんと事務所を構えた信頼できるコミュニティもあるようです。ぜひ検索のうえ、運営サイトを覗いてみましょう。

実際に物件見学に行く

実際に投資用物件を見学に行くことも、投資初心者にとっては大変勉強になります。屋内の間取りや仕様だけではなく、最寄り駅からの物件までのアクセスや、駅周辺の状況、物件周辺の生活環境、日中と夜間の様子など、さまざまな視点から物件を眺めてみてください。具体的に狙っているエリアの物件だけではなく、投資予定のないエリアの物件も見学し、双方を比較することも非常に勉強になります。

実際に物件を見に行く際の大事なポイントは、「住む人の目線で考える」ということ。投資家目線で考えると、どうしても収益を基準に物件を見てしまいがちですが、あくまでも収益の源となるのは賃貸してくれる住人です。住環境として快適かどうか、また、近隣の同種の物件に対する優位性があるかどうかなど、住む人の立場に立って物件を見るようにしてください。

結論:信頼できるパートナーを見つけましょう

事前の勉強は、不動産投資の成功の鍵を握る大事な要素の一つです。上でご紹介した方法を基本に、ほかにも自分なりの勉強法を検討してみてください。

ただし、たとえ勉強を通じてたくさんの知識を仕入れたとしても、実際に投資をしなければ話は始まりません。実践も踏まえたうえで勉強をしていくことが、不動産投資の初心者には望まれます。

その意味においては、さまざまな勉強をいったん割愛して、すぐに不動産会社に相談してみることも一つの方法でしょう。不動産会社に足を運べば、実践を交えたさまざまな情報を教えてくれるので、知識にも厚みが付きます。

投資家の立場に立ち、良いことばかりではなく悪いことも率直に教えてくれるような信頼できるパートナー(不動産投資会社)を見つければ、それだけでも必要十分な勉強ができるのではないでしょうか。

忙しくて勉強する時間がない方には、さまざまな勉強法に手を出すのではなく、早々に信頼できるパートナーを探すことを強くお勧めします。

不動産投資の勉強についてのいろんな人の口コミ

【まとめ】本よりも不動産会社に相談したほうが効率的かつ実践的

以上、不動産投資の初心者に向けた勉強法についてご紹介しました。

勉強というと、すぐに書店で本を探してしまうクセのある人がいるかも知れませんが、不動産投資の場合、本を通じた勉強法はあまり効率的ではありません。どうしても本を開いてみなければ気持ちが悪いという方は、情報の鮮度に注意して本を選びましょう。

不動産投資は、知識よりも実践が大事。より実践に近い視点から勉強できるよう、まずは不動産会社のセミナーや個別相談に足を運んでみることをお勧めします。複数の不動産会社に足を運び、それらの中から、もっとも信頼できるパートナーを見つけると良いでしょう。

初心者向け不動産投資会社の
比較を見る