不動産投資初心者A様×成功者B様~妻たちの不動産投資の始め方~ » 不動産投資初心者A様×B様~妻たちの不動産投資の始め方~

不動産投資の主なリスクを理解しましょう

FXや株式投資に比べて低リスクとされる不動産投資。一方で投資である以上、リスクがまったくないわけではありません。以下、不動産投資では避けられない主なリスクの種類を簡単に見てみましょう。

不動産投資にともなうリスク

空室・家賃滞納リスク

不動産投資家がもっとも警戒しているのが、空室リスクです。空室ではなくとも家賃滞納が生じれば、実質的に空室と同じ状況になります。

空室や滞納で家賃収入がなくなると、管理費分が赤字となります。一方で、マンション購入の際に組んだローンへの返済は、待ってくれません。空室が長引いてしまうと、オーナーは非常に厳しい事態に追い込まれます。

不動産投資会社と契約する際には、空室保証などのリスク対策が用意されているか、かならず確認しておくようにしましょう。

不動産投資における
空室リスクとは?

金利上昇リスク

多くの投資家の場合、物件を購入する際にはローンを組むことでしょう。空前の低金利時代が訪れていることから、割高な固定金利よりも、より低金利の恩恵を享受できる変動金利を選ぶ人もいると思います。

しかしながら、この低金利時代が永遠に続くとは限りません。景気が著しく上昇すれば、政府では低金利の出口政策(金利上昇政策)が検討されることでしょう。

世の中の金利が上がれば、当然ながら変動金利ローンの返済金額も上がります。不動産投資家にとっては困った事態です。

不動産投資における
金利上昇リスクを知ろう

立地条件リスク

「想定利回りは高いものの、立地の悪い物件だったために空室が生じてしまう」というのが典型的な立地条件リスク。しかしながら、このタイプの立地条件リスクならば、事前にしっかりと調査をすることで防ぐことができます。

一方で防ぐことができない立地条件リスクが、「条件の良い物件だったにも関わらず、周辺環境が変わってしまったために条件の悪い物件となる」というリスク。近くにあった大学の移転が決まる、などの例がこれにあたります。

不動産投資における
立地条件リスクとは?

建物管理・修繕リスク

建物に投資をする以上、その経年劣化は避けられません。室内構造の劣化、バルコニーの劣化、エアコン設備の故障など、経年劣化によって随所に不具合が生じた場合、修繕・改修・購入費用などは、入居者ではなくオーナーが負担すべきものとなります。何年かマンション経営をしていれば、いつかかならず訪れるリスクと考えて良いでしょう。

不動産会社と契約をする際には、建物管理や修繕をサポートしてくれる体制があるかどうかを確認するようにしましょう。

不動産投資における
建物管理・修繕リスクを見る

災害リスク

一戸建てに比べれば自然災害に強いマンションですが、そうとは言え、大地震や火災などによる損害リスクがゼロというわけではありません。これらリスクが現実のものとなった場合、莫大な修繕費用がかかることでしょう。

もちろん、自然災害や火災によって生じた損害は保険金で賄うことができます。ただし、少しでも保険金額を低めに設定して保険料を抑えるためには、もとより地震などの災害に強い物件を選ぶことが大切です。

不動産投資における
自然災害リスクへの備え

初心者向け不動産投資会社の
比較を見る