共働きで不動産投資をするメリットは?

夫婦で資産運用をする方は増えています。それは共働きであっても変わらず、安定した収入を得るために不動産投資を考えている方も少なくありません。ここでは共働きでの不動産投資が増えている理由や夫婦で投資を行う場合の注意点についてまとめました。体験談や名義を分けたほうが良い理由も紹介しているので、参考にしてみてください。

共働き夫婦の不動産投資は増えている

近年、共働き夫婦で資産運用として不動産投資をする方が増えています。昔は主婦が多かった時期もありますが、女性が働きやすい環境が整ってきたことで共働きになり、家計に余裕を持たせたいと考える方も多いようです。

不動産投資が増えているのは、管理会社に物件管理を任せて自分の時間を取れることが関係しています。時間を削らずに資産形成ができ、入居者が見つかれば安定的な収入が見込める点は大きなメリットと言えるでしょう。

だからこそ、数ある資産運用の中でも不動産投資を選ぶ夫婦が増えているのです。

共働き夫婦の不動産投資の注意点

不動産投資を始める際の注意点として、ライフプランをしっかり考えておくことが挙げられます。安定した収入を得ていても、ちょっとしたトラブルで大損してしまう可能性は否めません。失業や休職などのリスクも視野に入れたライフプランをつくりましょう。

また、銀行融資を受けるなら金額には要注意。連帯保証人が必要になるほど大きい金額だと、どちらか一方の名義でも共同購入と変わりません。共同名義だと万が一離婚したときに財産分与で面倒な手続きが必要になるケースも。自分たちの年収を考え、無理なく返済できる額の物件を選ぶことが大切です。

夫婦でも不動産投資の名義は分けたほうが良い

夫婦なら投資の名義を一緒にすればより大きな金額を動かせると考えている方もいますが、不動産投資は夫婦でも名義を分けることをおすすめします。その理由を以下で説明しているので、夫婦で不動産投資を検討している方はチェックしておいてください。

理由1:自分のペースで資産運用ができる

不動産投資は共同名義で大きな金額の投資をする場合、意見が合わずなかなか進まないこともあります。だからこそ、名義を分けて不動産投資をするのがベター。

購入する不動産を自分で選び、経験を積むことで今後の投資に役立ちます。まずは自分でできる範囲から、無理なく始めてみましょう。

転職や子育てなど、人生ではいつまとまったお金が必要になるかわかりません。なるべく早めに賃料収入を得られるように、仕組みを整えておくべきです。

理由2:リスクの分散がしやすい

共働きであれば、相手が働けない状態になってもある程度は補てんが可能です。加えて夫婦でそれぞれ投資物件を持つことによって、仮に損失があっても二人ともに大きな負担がかかることは避けられます。

二人分の世帯収入を基準にした融資では、高額な不動産を買うと損失があったときのマイナスも大きいもの。夫婦どちらかの余裕資金を元手にしておけば、うまくいかずに売却したときもマイナスは少なくなります。

理由3:より大きな資産を形成できる

夫婦のどちらかが始めてみて、軌道に乗ったらもう一方にノウハウを教えながら二人で不動産投資をしましょう。

女性は妊娠や子育てなど働けない時期もあるので、妻が先に投資を始めることをおすすめします。備えとして不動産投資をしておくことで余裕を持って生活できます。

個別に投資してそれぞれが利益を出せるようになれば、相談しながら不動産投資ができ、情報収集力が増えるといったメリットも。夫婦の世帯資産を増やせるようになります。

夫婦共働きの不動産投資の体験談

  • 共働きをしていて、今の給料でこの先やっていけるか不安になりました。いろいろな資産運用を試してみて、しっくりきたのが不動産投資です。アフターフォローをしっかり行ってくれる管理会社にお願いしたことで、毎月ほとんどリスクがなく収入が入ってくるようになりました。
  • 夫婦で賃貸の経営を始めたのですが、経営の仕方や夫が管理してくれないなどの問題が出てきて、共同名義で物件を購入したことを後悔しています。もう少しよく考えてから決めるべきでした。

共働きなら別名義での不動産投資がおすすめ

共働き夫婦の不動産投資は増えており、女性が長く働ける環境が整えばもっと増えると考えられます。だからこそ、運営方法はしっかり考えておかなくてはいけません。

不動産投資をするなら、共倒れのリスクを防ぐためにも、共働きの夫婦でも別々の名義で行うことがベター。紹介した注意点や体験談などを踏まえて、着実な資産形成ができるように運営方法はしっかり検討しましょう。

初心者向け不動産投資会社の
比較を見る