不動産投資における自然災害リスクへの備え

ここでは、地震や洪水など、不動産投資における自然災害リスクについて詳しく解説します。マンション投資をする場合には、自然災害リスクの中でも、特に地震リスクへの備えが大切。管理会社もしっかりと見極め、少しでも不動産投資における自然災害リスクを下げるようにしていきましょう。

自然災害リスクとは

自然災害リスクとは、地震や台風、洪水などの自然災害によって生じる直接的なリスク、および自然災害を原因とした火災などのリスクを言います。

一戸建て住宅やアパートに比べれば、コンクリート造のマンションにおける自然災害リスクは低くなりますが、そうとは言え、リスクがゼロというわけではありません。万が一、所有するマンションに損害が生じた場合、その修繕費等は莫大な金額に上ることでしょう。

マンション投資をする際でも、自然災害リスクへの備えが重要であることは言うまでもありません。

自然災害リスクの中でも、特に地震リスクに注意

未曾有の被害をもたらした2011年の東日本大震災では、マンションの倒壊が1件もありませんでした。

また、2016年に発生した熊本地震の際には、マンションが1件倒壊しましたが、倒壊したマンションは1981年に制定された「新耐震基準」の適用がない古い物件です。「新耐震基準」にのっとったマンションに限って言えば、東日本大震災でも熊本地震でも、1つも倒壊していないことになります。

結論から言うと、新しい物件が地震で倒壊する恐れは、ほぼないでしょう。その一方で、東日本大震災や熊本地震のレベルの地震が発生した場合、建物は倒壊はせずとも屋内には激しい損傷が生じるものと考えられます。

不動産投資家は、台風などの他の自然災害リスクよりも、特に地震のリスクに注意するようにしましょう。

地震リスクを少しでも下げるためのポイント

地震リスクへの備えとして投資家ができることとして、まずは次の2点が大切です。

物件が立つ地盤に注意する

マンションは地震に強い構造とされますが、もとより、そのマンションが建つ地盤が弱ければ、いかに箱が強くとも意味がありません。マンション投資の際には、建物の地盤の強さに注目しましょう。

地盤の状況についての概略を知りたい方は、LIXILグループが公表している以下のサイトが参考になります。

地盤サポートマップの情報を見る

より詳細に地盤の状況を知りたい場合には、役所や不動産管理会社に尋ねる良いでしょう。

地震保険に加入する

万が一の地震被害に備え、地震保険に加入しておくことをお勧めします。

なお地震保険は火災保険の特約という位置づけなので、火災保険に入っていなければ地震保険に入ることができません。生じた損害の全額を補償する保険ではありませんが、万が一のときには、大きくオーナーの支える心強い保険となることでしょう。

管理を一括で行っている会社と物件の交渉をする

自然災害は人知を超えたステージで発生するもの。人の力で自然災害を抑えることはできません。よって、それぞれの不動産に生じうる自然災害リスクを、人の力で下げることもできません。

だからこそ不動産投資を行う場合には、少しでも自然災害リスクの低い物件を選ぶことが大事です。それぞれの物件の自然災害リスクについては、不動産の管理会社がしっかりと把握しています。管理部門も併設している不動産投資会社であれば、契約前に、各物件の自然災害リスクを詳しく説明することができるでしょう。

自然災害リスクの少ない物件を選ぶためにも、管理まで一括でやってくれる不動産会社と交渉するようにしたいものです。

【まとめ】自然災害リスクを知り尽くした管理会社から最適な対策を仰ぐ

ご自身が投資する物件について、いかにご自身で深く考えようとも、とるべき対策の答えは見つかりません。だからこそ、各物件の自然災害リスクについて詳しい管理会社に対し、契約前に率直に必要な対策を仰ぐことが大切です。

いつ訪れても不思議ではないとされる南海トラフ地震や首都圏直下型地震。不動産投資家として、可能な限りのリスク対策をとっておきたいものです。

初心者向け不動産投資会社の
比較を見る