神奈川の不動産投資

神奈川県の不動産投資事情に迫ってみました。神奈川の不動産投資の特徴や魅力、意識すべきポイントなどを解説していきます。

神奈川の不動産投資の特徴

急激な再開発が進んでいるのが神奈川エリアの特徴。通常であれば再開発に伴い不動産市場も活発になりますが、横浜駅周辺の再開発は規模やスピードの変化が激しく、不動産市場が追いつかないほどだと言われています。そのためか神奈川の不動産投資の魅力は投資家の間にまだあまり広まっておらず、穴場的なスポットになっています。

神奈川で行う不動産投資の魅力

全国2位の多人口エリア

神奈川県の人口は東京に次ぐ全国2位。その数は900万人を超えています。利便性の高さと治安の良さから単身者だけでなくファミリー層にも人気があるのが魅力。毎年他のエリアから移り住む人がいることで、県全体の人口は年々増加しています。その流入率は全国3位の人口を持つ大阪の約2倍です。全国的に見て人口が増加しているのは、神奈川県を含む7都府県のみ。東京から近く、今後もしばらくは人口が増加していくと考えられる神奈川では賃貸住宅への安定した需要が期待できるでしょう。

特に人気の横浜市は利回り◎

東京に比べて利回りが高いのも神奈川の不動産投資の魅力です。とくに横浜の物件には要注目。地価は東京より低いものの、賃料の差がほとんどなく満室時なら3~4%高い利回りで回せると言われています。横浜駅周辺は再開発が盛んで整備が進み、海外からも注目を集めているエリア。地上32階建てにものぼる市庁舎の建設や、経済効果6,000億円と話題の大型家事の複合リゾートの誘致も進んでいます。羽田空港からは電車で20分程度の好利便性。海外文化や外国人を受け入れてきた歴史的背景から独自の文化が栄えて一つのブランドを築いています。大企業の本社や大学が集まっているため、賃貸住宅の需要もどんどん高まっていくでしょう。

神奈川の不動産投資で意識すべきポイント

再開発エリアの周辺が鉄則

人口も多く魅力的な神奈川ですが、エリアによって状況に格差があるので気をつけましょう。不動産投資を行うなら、再開発が進んでいるエリアである「横浜駅」「川崎駅」周辺を狙うのが最善です。横須賀市・小田原市など静岡寄りのエリアは投資には不向き。空室率が20%にのぼるケースもあるので避けるのをおすすめします。

東横線沿線はブランドイメージが高いエリア。都心へのアクセスがしやすい点と開発ラッシュで、ベッドタウンとしての機能が高まっています。大規模開発で建てられた高層の区分マンション物件に注目してください。

川崎駅周辺は神奈川の政令市例都市の一つで昔から開発に力が入れられています。都心の駅まで1時間以内の位置にありながら、アットホームな商店街が広がるエリア。利回りが高めの物件が多くあります。

単身者向けの物件が需要高

神奈川の人口増は他県からの流入が大きな要因。そしてそのほとんどは単身者です。大学が集まっていて学生が住まいを探していることもあり、投資物件として選ぶなら単身者向けのマンションがおすすめ。物件選びは慎重に行いましょう。

まとめ

東京に次ぐ大都市である神奈川。横浜駅周辺は再開発も進んでいて、需要が高いため不動産投資でも注目のエリアです。穴場を狙いたい人には東京よりも神奈川が向いているかもしれません。

不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
初心者向け不動産投資会社の
比較を見る