名古屋の不動産投資

東京や関西圏からのアクセスが良好で、「スーパーターミナルシティ」の構想のもと発展している名古屋。人口増加や安定した賃貸住宅の需要などもあり、不動産投資を行なう場としては非常に魅力的なエリアだといえます。

名古屋の不動産投資の特徴

名古屋は、東京や大阪と並ぶ日本3大経済圏のひとつです。特に、地上40階建のJPタワー名古屋をはじめとした高層ビル、JRゲートタワーなどの大型商業施設が集中する「名駅エリア」は、ビジネスマンから買い物客まで多くの人が往来するエリア。名古屋の一大繁華街として知られる「栄エリア」は、高級ブランド店や外資系のショップも出店しており若者の街として根強い人気を保っています。

名古屋の不動産投資の魅力

交通インフラが充実

名古屋の玄関口である名古屋駅は、東京や関西圏からのアクセスに優れています。2005年に開業した中部国際空港もあり、国内のみならず国外へのアクセスにも便利。2027年にリニア中央新幹線が開通すれば、東京と名古屋がたった40分の距離で結ばれます。リニアの経済効果を皮切りに、名古屋市は「スーパーターミナルシティ」構想をもとにした街づくりを計画中。今後、さらなる経済的成長が見込めそうです。

高い人口増加率

名古屋は東京や大阪と並び、転入者が増加し続けているエリアです。大企業の本社や教育機関が多く、都市の再開発も行なわれているため、名古屋の転入者増加は今後も続くと予想されます。したがって、賃貸住宅の需要も期待できるでしょう。

名古屋の不動産投資で意識すべきポイント

学校へのアクセスを考えて物件選びを

大学や短大、専門学校などの教育機関が集中しているのが名古屋の特徴。入学をきっかけに、近隣の県や遠方から流入してくる学生が多くみられます。名古屋で不動産投資をする際は、大学や短大、専門学校など教育機関からのアクセスに優れた物件を選ぶのが得策です。この時、できるだけ複数の学校へのアクセスに強い物件を選ぶとリスク軽減につながりやすく、理想的です。

賃貸住宅のニーズに注目

名古屋市の人口の4分の1は、24歳以下の若者と報告されています。加えて大企業の本社も多く、従業者向けの賃貸住宅の需要が安定しています。ワンルームマンションなど、若い単身者へ向けた物件を選んで投資を進めるのが得策です。

まとめ

交通インフラの整備や都市の再開発など、今後も大きな成長が期待できる名古屋。全国4位の人口数や産業都市として発展してきた実績も魅力です。安定した雇用が多く、単身者向け賃貸住宅のニーズが高いので、不動産投資をする場としては非常に魅力的なエリアといえるでしょう。

不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
初心者向け不動産投資会社の
比較を見る