大阪の不動産投資

大阪の不動産投資について、特徴や魅力を紹介していきます。東京や神奈川、名古屋と同様に全国的に人気のある大阪。再開発が進みさらに注目を集める大阪は、投資にどのような特徴があるのでしょうか?紹介していきます。

大阪の不動産投資の特徴

大阪は東京や名古屋と並び他県・都市部へのアクセスの良さや、都市機能の高さから若者世代の人口流入が増えています。大規模な開発も進んでいるため、さまざまな開発計画のもと利便性がうるおい、注目も右肩上がり。地価も上昇傾向にあって不動産投資でぜひチェックしておきたいエリアです。

大阪で行う不動産投資の魅力

若者からの安定した人気

大阪は特に若年層の人口流入が多い地域です。関西一の都市ということもあり、学校や企業の拠点が多いことも要因になっていると考えられます。人口は2000年から毎年微増が続いており、今後もしばらくは増えていく予想。それに伴って賃貸物件への需要の高まりも期待できます。ちなみに大阪市の推計人口年報を見ると、転入が最も多い年代は20~24歳。単身赴任者や大学生に向けた、ワンルームマンションの需要が特に高いと考えられるでしょう。物件次第で安定した入居率が見込めます。

再開発が進み注目を集める

JR大阪駅の北側をはじめ、都心部で大規模な再開発が行われています。高い経済効果をもたらすとの声が高いカジノの誘致を目指す動きも。リニア新幹線の開通も計画されていて、他都市へのアクセス機能が高まることでさらに人気を集めるでしょう。今後の需要の変動に大きな可能性を秘めているエリアと言えます。

安定した地価

大阪の地価は上昇傾向にありますが、その変化は大きくありません。投資の際に購入のタイミングを読んだり、難しい取引に頭をひねらせる必要がないので初心者でも挑戦しやすい地域です。将来的には地価の値上がりが予想されるので、今のうちに所有しておくとメリットが多いでしょう。

大阪の不動産投資で意識すべきポイント

基本的には単身者向けワンルームが人気

転入してくる年代は20~24歳が最も多いため、基本的には単身者向けの物件が狙い目でしょう。若年層・学生をターゲットにして、ワンルームマンションを選ぶのが基本です。とくに大阪市は若年層の転入が多いだけでなく、子育て世代である30~34歳の転出者が多く見られるためファミリータイプの物件はあまり需要が見込めません。ファミリータイプの場合、北摂区などに狙いを変えるのをおすすめします。

エリア別に特徴を把握しておくと吉

大阪は細かなエリアによって色が変わるので、不動産投資の際はその点も抑えておきましょう。

大阪北区周辺は東京オリンピックのある2020年以降の開発計画も進められているエリア。2022~2024年にかけてまちびらきが予定されていて、地下鉄や新駅の設置によるアクセスの向上が期待されています。一時的に人口の流入が多くなるオリンピック後の需要も見込めます。

大阪中央区周辺は訪日外国人が増加しているエリア。海外の投資家から注目を集めていて、地価が上がっています。今のうちに不動産を所有しておけば、すぐに不動産価値が高まるかもしれません。

まとめ

再開発に伴い人が集まっている地域なので、単身者向けの物件への投資が最適なエリアです。とくに若者世代が多いので、若者に人気のスポットに近い物件だと需要が高いでしょう。数十年前から徐々に人口を増やしているので、安定した不動産投資が期待できます。

不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
初心者向け不動産投資会社の
比較を見る