東京の不動産投資

ここでは東京での不動産投資について、特徴や魅力、投資の際のポイントなどを解説していきます。

東京都の不動産投資の特徴

日本の中心として多くの人で賑わう東京。地方の不動産投資が難航色を見せる中、東京は安定の人気で活気を見せています。湾岸エリアを中心に高級マンションの建設ラッシュが続いているという情報も。安定した需要のある東京での不動産投資は、ブレない収益が期待できるでしょう。

東京で行う不動産投資の魅力

オリンピックに向けた需要の高まり

不動産価格が他県に比べて高い傾向にあり、新築だと買い手が殺到して抽選になるほど人気。その需要の高さが東京で不動産投資を行う最大の魅力と言えるでしょう。近年は2020年の東京オリンピックに向けた大規模再開発が進み、さらにその価値を高めています。

世界的にも注目を浴びる人気エリア

森記念財団都市戦略研究所が発表した『世界の都市総合ランキング』では、ロンドン、パリに続いて3位に輝き、注目を集めています。これは「経済」「研究・開発」といった6分野に評価をつけ、その総合点で世界の都市をランク付けしたもの。世界的に見ても、東京は住みやすく快適に過ごせる環境と評価されているのです。不動産価値が急落する可能性が低いため、投資に対する安心度が高いと言っていいでしょう。

単身世帯を中心に人口流入が増えている

東京は人気が高まっているだけでなく、人口も増加しているエリアです。全国的に人口の流出が増えている中、東京では逆に人口流入数が増加中。人口密度の高さは世界で最も高いと言われています。とくに単身世帯数が増えていて、2030年には708万世帯を超える予想です。今後も人口が増え続けることが期待され、それに伴い需要も増えていくでしょう。

東京の不動産投資で意識すべきポイント

規制の厳しい単身者向け物件の扱い

単身世帯が増加している東京ですが、単身赴任者向けのマンション建設を縮小しようとする動きがあり、ワンルームマンションへの投資は収益性が低いと考えて避ける人が出てきています。しかし需要が高く競合が少ない狙い目の物件とも捉えられるため、投資の際は検討してみるのも一つの手です。

ワンルームマンションへの投資が不利になっている理由は、東京に敷かれているワンルーム条例という規制が原因。単身者向けの広さの部屋を持つマンションにおいて、一定割合のファミリー向け住戸の設置、隣地間距離などの規制が設けられています。地域への定着度の低さやマナーの悪さが問題視されている、「単身赴任者」を減らすための対策として設けられました。地区によっても規定が異なるので、事前にどのような規定が設けられているか確認しておくと安心です。

最寄り駅の確認を入念に

安定した賃貸需要を求めるのであれば、立地の高さがポイントになります。そのために確認すべきなのが『最寄駅』。東京だと中央線・丸の内線・日比谷線・銀座線・東急東横線などが人気の路線として挙げられます。また複数路線が通っている駅や始発の駅、快速電車が停まる駅は需要が高めなので注目です。

人気の区を押さえておく

都心である「港区」「中央区」「千代田区」の3区は東京の中でも安定的な人気を持つエリアです。治安も比較的良いので、幅広い需要が見込めるでしょう。単身者に人気なのは「新宿区」「中野区」「渋谷区」。ファミリー世帯に住みやすいと注目されているのが「杉並区」「世田谷区」「練馬区」です。ターゲットに合わせた物件・エリア選びをしましょう。

まとめ

東京は日本の中でも圧倒的な人気を誇るエリアと言っても過言ではありません。生活水準の格差もあり、若者世代はとくに便利な東京へ移り住む人が増えています。今後も人口の増加が予想されることから、不動産投資にも注目のエリア。東京独自の政策や人気の地区に注意しながら、投資に挑戦してみてはいかがでしょうか。

不動産投資についてあなたが
疑問に思っていること
初心者向け不動産投資会社の
比較を見る